転職エージェントを最大限活用するたった一つのコツ

転職に向けて

転職市場とは

まず前提として、
「転職市場」という経済圏があり、その中の「商品」である。
ということを理解する必要があります。

「商品」の値段を決めるのは、
① 今までの経歴
② スキルセット

③相手企業がどれだけ採用に力を入れているか?
になります。

転職エージェントとは

そして、
「転職市場」の「商品」である私たちを売る専門職が「転職エージェント」というわけです。

つまり、
① 今までの経歴
② スキルセット
を魅力的に見せて、
なるべく高く売ってくれるパートナーというわけです。

転職エージェントのビジネスモデル

基本的には、
「転職者の年収」× 20 – 30%
をもらうというのがビジネスモデルです。

例えば、
年収 : 400万円であれば
400万円 × 0.2 = 80万円
というわけです。

こうやってみるとなかなか価値がありますよねw
自分が採用されるのにこれだけお金が動いているということは知っておきましょう。

どうすればお得意様になれるか?

エージェントの人は「転職者の成功」 「自分のKPI達成」を考えています。
そんな人は嫌だ。。。と思うかもしれませんが、そういう人の方が信頼できます。
数値化して考えられることが最低条件ですので。

ここで気づいて欲しいのが、
転職して初めて報酬が発生する
ということです。

つまり、
あなたを販売しないと利益が出ないのです。

そこで問題ですが、
A : 今の職場が不満なので、転職を検討している。
B : 3ヶ月以内に転職しようとしている。
C : 1年後に転職しようとしている。
のどちらが売りたい商品ですか??

もちろん、
B : 3ヶ月以内に転職しようとしている。
ですよね。

なので、嘘でも良いので、
「3ヶ月くらいで転職しようとしている」
ということにしておいてください…笑

+α を提案するなら

もう一つとっておきを書きますね。
それは、
「最近困っていることはありますか?」
です。

相手が自分を仲間と認識するために必須の問いかけです。
営業マンもいろいろ大変なのです。

例えば、
「最近全然紹介できていないクライアントがいる。」
などです。

そこに自分が条件があえば、一度話を聞いてあげるだけでもありですし、
自分の知り合いを紹介してあげるのも良いですよね。

当たり前ですが相手も人間なので、一度Giveしてあげると良いと思います。

まとめ

1.自分を商品として客観的に捉える。
2.転職エージェントに自分を理解してもらう。
3.相手のために何ができるかを考える。

を実践してみてください。きっとあなたは今よりも良い条件で働くことができますよ。

sasurai3

社長▶︎正社員▶︎正社員 + 副業▶︎フリーランスを経験。
実体験を元にキャリアについて役立つ情報をお届けしています。
5年間で年収300万円→年収1000万円に上げました。

sasurai3をフォローする
公式LINEもやっています
転職に向けて
シェアする
sasurai3をフォローする
さすらいのキャリア論

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました